~新筐体を採用して、さらに撮影の操作感が向上~

株式会社エム・エス・シー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宗廣 宗三)は、2019年2月28日(木)~3月3日(日)の4日間、パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホールにて開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」にて、miggo PICTAR PRO〔ミゴ ピクタープロ〕を日本初公開いたします。

miggo PICTAR PROは、クラウドファンディング(Kickstarter)に掲載後、2時間で目標額を達成した実績をもつ、スマートフォンの可能性をさらに広げる動画や写真撮影に適したプロ向けのスマートフォンアクセサリーです。筐体は、新たに愛着の湧くサテン仕上げの真鍮製ボディを採用しており、さらに撮影の操作感にこだわったカメラの風合いを感じさせるデザインとなっています。

PICTAR PROの専用アプリは、フルマニュアル・シャッター優先・ビデオ・マクロなどの8つのプリセットモードを備え、本体のスマートホイールから手軽に操作が可能です。Wi-FiやBluetoothの複雑な設定を必要とせず、専用アプリをダウンロードするだけで、すぐに使えます。

なお、miggo PICTAR PROは、2017年より日本発売を行っている「miggo PICTAR ONE」の上位版として、2019年夏の販売を予定しています。

CP+2019での出展ブースでは、miggo〔ミゴ〕社 PICTARとShiftCam〔シフトカム〕社のカメラ撮影に関連したスマートフォンアクセサリーを多数展示。スマートフォンのカメラは年々性能が向上しており、1,000万画素を超える機種も珍しくなくなってきました。デジタルカメラとして充分に活用できるスマートフォンを、さらに使いやすくカスタマイズできるアクセサリーの数々を、実際にお手に取ってご覧いただけます。

CP+2019会場へお越しの際には、miggo〔ミゴ〕社 PICTARとShiftCam〔シフトカム〕社ブースに皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。


■CP+2019ブースのみどころ

▼miggo〔ミゴ〕PICTAR
miggo〔ミゴ〕社は、2016年にクラウドファンディングで話題を集めたPICTAR ONEのプロモデルの「PICTAR PRO」を展示、その他オリジナルデザインの三脚や日本初上陸のセルフィスティックを展示いたします。スマートフォンでの写真撮影を画期的な方法で使いやすくする製品をご覧ください。

▼ShiftCam〔シフトカム〕
ShiftCam〔シフトカム〕社は、iPhoneでの写真撮影でさらに幅広い用途で使えるように「広角」「望遠」「マクロ」等のレンズを搭載したiPhoneケースを取り扱っています。今までのiPhone用レンズとは異なる方式で、手軽にレンズ切り替えが行えます。レンズ径の大きなプロレンズに差し替えることで、高度な撮影にも使用ができます。

■ブース情報

▼開催日時
2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日)
10:00~18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00終了)
▼会場パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
▼ブース番号1F G-55
▼入場料 1,500円(税込)(ウェブ事前登録で無料)
障がいがあることを証明する手帳を持参の方、小学生以下の方は無料

カメラの操作感をスマートフォンにプラス  『miggo PICTAR PRO』をCP+2019にて日本初公開
Tagged on: