ドローンやゲームに快適な遅延の少ない有線型コントローラー「ROTOR RIOT〔ローターライオット〕Lightning接続用 RR1850」を11月29日(金)より一般販売開始。(※1)

~Apple Arcade対応のゲームを含めた多くのゲームで使える、MFi認証で唯一 L3とR3ボタンを搭載した有線型コントローラー~

株式会社エム・エス・シー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宗廣 宗三)は、Lightning接続で使用できる有線型コントローラー「ROTOR RIOT〔ローターライオット〕Lightning接続用 RR1850」を本日、11月29日(金)より一般販売を開始しました。

ROTOR RIOT〔ローターライオット〕コントローラーは、ドローン操作やゲームで使えるLightning接続の有線型コントローラーです。
iPhone、iPad、iPod touchなどのiOSを搭載したLightning接続のデバイスに使用できる「MFi認証済み」のコントローラーとなっており、MFi認証のコントローラーとして唯一ジョイスティックにL3とR3ボタンをサポートしています。(※1)
スマートフォンやタブレットに有線接続することで、遅延が少なく安定した操作を実現しています。

専用アプリ「Ludu Mapp(英語アプリ)」をダウンロードすることで対応しているゲームアプリを探せます。
Apple Arcadeのゲームを含む約1,000個を超えるアプリに対応しています。(2019年11月現在)(※2)
Ludu Mapp:https://apps.apple.com/jp/app/ludu-mapp/id1423564770

ROTOR RIOTコントローラーは、iOS 7以降を搭載したLightning接続ができるiOSデバイスと互換性があります。

ドローン操作アプリを通じて、一般的なドローンを操作できます。別途、VRゴーグルを使うことで、手軽にFPV(First Person View(一人称視点))での操作が可能になり、あたかも自分がドローンの操縦席でパイロットになったかのような臨場感あふれる映像をお楽しみいただけます。

ROTOR RIOTコントローラーは、L3とR3のボタンを押すことができるMFi認証製品としては、唯一の製品となります。(※1)
そのため、今までL3とR3を必要とするゲームを快適に行うコントローラーがなかったために、タップ操作をしていましたが、ROTOR RIOTコントローラーを使用すれば、本機だけですべての操作が可能となります。8方向の操作のできる方向キーを装備。L3とR3を押せることで、今まで攻略が難しかったゲームも、快適にクリアできるかもしれません。

スマートフォンを固定できる「ZERO-G(無重力)デバイスホルダー」が付属しており、コントローラーを持つ際にスマートフォンの重さで操作しづらくなる事を抑えています。

ゲーミングのためのパワーパススルー充電として、Lightningコネクタを装備しており、パワーパススルー充電が行えます。ROTOR RIOTコントローラーとiPhoneなどのデバイスを接続したまま、Lightningコネクタを通じて充電が可能です。(※充電のみで、データの同期は行なえません。)

ミニドローン用のコントローラーとして開発されたROTOR RIOTコントローラーであるため、遅延の発生してしまうBluetooth接続ではなく、有線での接続にすることで、価格を抑え、低遅延のコントローラー開発を目指しました。また、数多くのゲームやドローンアプリと互換性を保てるために、手軽で操作性の高いコントローラーとしてご使用いただけます。L3とR3を搭載して、モバイルゲームやFPVで活用できる唯一のMFi認証コントローラーですので、多くの方に使っていただける製品です。

【特長】

●遅延の少ないLightning接続の有線型コントローラー
●充電用のパススルーのLightningポート装備
●L3とR3ボタンを搭載した唯一のMFi認証のコントローラー(※1)
●Apple Arcadeのゲームを含む約1,000個を超えるアプリに対応(※2)
●ZERO-G(無重力)デバイスホルダーが付属

【対応ゲーム】

「フォートナイト」「マインクラフト」「オーシャンホーン – 未知の海にひそむかい物」 「スターデューバレー」「NBA 2K20」「GRID Autosport」「F1 Mobile Racing」 「Grand Theft Auto: San Andreas」「Grand Theft Auto: Vice City」 「『風ノ旅ビト』Journey」「FEZ Pocket Edition」 「The Talos Principle」「ストリートファイターIV CHAMPION EDITION」 「クロッシーロード」「LEGO Star Wars: TCS」「Star Wars: KOTOR」 「FINAL FANTASY ?」「レオズ・フォーチュン」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2」 「アスファルト9:Legends」「PS4 Remote Play」「Steam Link」など
※ゲームアプリの動作については、ゲーム開発会社の対応状況をご確認ください。

【ROTOR RIOT RR1850 製品概要】

製品名:ROTOR RIOT RR1850-Black
カラー/型番:Black/RR1850
JANコート?:0856821008073
希望小売価格:5,680円(税抜)
発売予定日:2019年11月29日(金)
WEBサイト:https://www.msc-overseas.jp/brand/rotorriot/rotorriotrr1850.html

【ROTOR RIOT RR1850 製品イメーシ?】

ダウンロード

【ROTOR RIOT RR1850 製品仕様】

<対応機種>
iOS 7.0以降搭載機器 Lightningポートを搭載した機器
※いずれともに対応している必要があります。

Ludu Mapp(英語アプリ)(※3)(※4)
https://apps.apple.com/jp/app/ludu-mapp/id1423564770

<パッケージ内容>

ROTOR RIOT RR1850-Black本体、モバイルデバイスホルダー、インフォメーションカード

【販売店】

AppBank Store、キットカット、各種オンラインストア

【ROTOR RIOT〔ローター・ライオット〕について】

世界中から有名なミニドローンのパイロットが集まり、ドローンや周辺機器を扱うために設立されたメーカーです。急激に注目を集めているドローンの世界を代表するコンテンツを常に提供しています。趣味や娯楽以外にも、教育分野へのアプローチも行い、急成長をしている気鋭のブランドです。 https://rotorriot.com/

【注釈】
(※1)2019年11月現在、MFi認証で唯一 L3とR3ボタンを搭載しています。
(※2)海外製のゲームアプリを含めていますので、一部日本国内ではプレイできないゲームがあります。
(※3)無料アプリです。
(※4)対応ゲーム一覧の確認アプリであり、ゲームアプリではありません。

※記載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標です。
※製品の外観、仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
※発売時期は変更になる可能性があります。

「ROTOR RIOT〔ローターライオット〕Lightning接続用 RR1850」一般販売開始